奥神鍋スキー場

先週末の但馬経営懇談会と雪上走行訓練のときに奥神鍋スキー場に行ってきました。多分20年ぶりだと思います。上部で万場スキー場と行き来できますので、それなりに広いスキー場です。

午後券を買って、まず一番上まで行ってみました。ブルーリッジホテル(前は無かった)と山麓の民宿街がきれいに見えました。ここの景色は変わっていないんだな。山の天気は晴れたり曇ったりですので、みるみる間に吹雪いてきて視界がなくなってしまいました。

数年に一度の寒波とのことで、但馬の山懐にも30cmくらいのまとまった雪が降り、奥神鍋の上部でパウダースノーを堪能しました。誰も滑っていないゲレンデに自分のシュプールだけが残っています。しんしんと降る雪がそれをゆっくり消していきます。

子供が小さいときはアップかんなべスキー場にお世話になりました。腰に紐を付けて緩斜面を何度も一生懸命に滑っていました。来週は学校のスキー合宿で信州のスキー場にいくそうです。SAJの検定も受けるとか。練習していてよかったね。

麓の食堂でラーメンとカレーライスを食べました。懐かしい。美味しくないインスタントラーメンが800円、いかにもなレトルトカレーが800円。80年代後半~90年代初頭のスキー場と言えば、こんなぼったくりが当たり前でした。今は昔。そんな事が懐かしい。

1994年頃のサロモン 9100 Equip Demo 2S で滑ってみました。早い早い。カービングスキー板が流行る前の長い板です。大回りも小回りも不整地も新雪もこれ一本で富良野からVailまで行きました。

今はリハビリテーションのようなものですが、八方尾根の二日券の元を初日の午後2時頃に取っていた時代のように、早く正確に滑ることができました。満足、満足。2時間で切り上げて、怪我もなし。善きかな。