自社の強みを持つ Your company’s core competency

自社の強みとはなんだろうか。自社にはあって、他社には無いもの。あるいは、自分にはあって、他人には無いもの。そのようなものが、競争環境下で生き残っていく上で大切なことは言うまでもない。

ブログを書いてみれば一目瞭然である。自社の強みのある会社(人)は、ブログが書ける。反対に自社の強みの無い会社(人)は、読者にとって有用なブログを継続して書き続けることができない。コピペなどを繰り返す人もいる。

ブログは自分の日記帳でもあり、意見表明書でもある。難解なテーマについて書く必要は無い。誰かの役に立てば良い。Googleのような柔軟な発想で、気軽に「自社の強み」を書いてもらいたい。学者ではないので、実務家としての誇りとともに。

昔、(今もか?)、コア・コンピタンスという言葉がビジネス・パーソンの間で流行した。2000年くらいだったと思う。社内での立場を問わず、会議場では、その言葉が飛び交っていた。まるで、ウェルチの「選択と集中」の時と同じように。

自社の強みとは、言い換えれば、コア・コンピタンスのようなもので、経営資源を投下してじっくり育てることが経営者に求められる社内の機能でもある。それ故、曇りの無い眼で真剣に見聞きし、考え、実行の後は、観測と評価が欠かせない。

自社の強みを市場に諮り、市場からの手応えをもらってこそ、現今の経営者と言える。闇雲に流行の波に乗ることは避けよう。今が良いからとそのような波に乗るのは、上値を付けた株を買うようなものである。後は奈落の底にまっしぐらということになりかねない。

世の中の動向を注視しつつ、自分自身の良さと弱みを徹底的に分析することから、一年の計(例えば、年次の事業計画等)が始まる。実際の事業運営に当たっては、そのような分析結果を反映して、例えば、撤退すべき事業分野が無いか、常に考える習慣を身に付ける。

自社を守り、業績をアップし、会社を存続させることは、経営者の「たしなみ」だと思うが、自社の強みを時代の変化に合わせながら、組み立て直し、修繕し、何とか運営する-それを日々実践できなければ、仕舞には会社を赤字製造マシンにしかねない。

そのような覚悟の下、現今の経営者におすすめしたのは、松下電器(現パナソニック)の創業者の「物の見方、考え方」である。アマゾンでも買える。夏に一読を。