明鏡塾 ビジネス輪講会(平成24年9月~10月)のお知らせ

 

明鏡塾 2012 輪講会(神戸秋の部)明鏡塾ビジネス輪講会についてお知らせいたします。

スケジュール・場所等の詳細は こちら をご覧ください。

9月は締め切りましたが、10月はまだ空きがございます。

(9月21日17時現在)

 

[場所]  神戸市東灘区民センター 会議室5
神戸市東灘区住吉東町5丁目1-16 8階
JR神戸線 住吉駅直結(南側) 地図

 

(追記)
今年度は9月下旬の会で12回目になりました。今日(9月24日)は、明日の輪講会のコラムを仕上げました。輪講会のコラムも24個目になります。今回は中小企業概況(電機)と勝ち組の戦略です。初級向けのパナソニックとシャープの好事例を取り上げています。合わせて、情報通信技術分野での成功事例とその背景、各々が努力している点(Tips)を調査分析し、記載しました。

 

輪講会は月に二回程度、神戸住吉で9時~12時(3時間)開催されます。事業構築(収益の源泉の設計)の初心者を対象とし、経営環境の変化に応じて自ら事業の構造を変えていける力を養成することを目標としています。 専門的なところはやはりプロに任せた方が経営者としては賢い選択と言えるでしょう。しかし、自分の会社の切り盛りはできる限り自分でする方が良いに決まっています。理論的な背景の解説は勿論、実事例をふんだんに取り入れて、議論を行うことをモットーとしています。

 

強さとしなやかさを兼ね備えた経営者が自ら育つことが塾長の願いです。

 

明鏡塾コラムのタイトル一覧

第1回 事業構築とは何か  明鏡塾ビジネス輪講会
第2回 事業とは何か  船場丼池「お客さん」
第3回 Relationship Marketing  マイケル・デルの商才
第4回 人材育成と人的資源管理  人と人が織りなす事業
第5回 事業システムの構築  収益構造を考える
第6回 境界条件∂θ   顧客満足と安定収益
第7回 マルチプラットフォーム  フルクラウド
第8回 対象顧客は誰か  収益の源泉は何か
第9回 新規事業の考察方法  シナリオの重要性
第10回 失敗から学ぶ  失敗は成功のもと
第11回 シャープの凋落  虫歯とコンサルティング
第12回 中小企業概況(電機)  勝ち組の戦略
第13回 Leadership  戦に勝つチーム作り
第14回 継続して利益を得る  事業価値評価と経営判断

 

はじめに

経営者の皆さんからよく聞かれることは、どのように事業を組み立てて、運営していくかということです。特に経営者になって間もない方、新しい事業を始められた方に多い質問と言えます。
明鏡塾で度々申し上げていることですが、事業の成功の秘訣は、学ぶこと10%、その後に一生懸命に働くこと10%、運80%ということです。はじめに学ばなければ、成功への道は遠のくばかりです。
明鏡塾では伝統的に輪講という仕組みを使い、皆でテーマを決めて、事業の組み立て方と運用の方法を学んでいます。一人では学ぶことも仕事をすることも難しいのではないでしょうか。狭い視野で思い込みで突き進むことは、経営者の選択とは言えません。
様々な背景を持つ経営者と一緒に切磋琢磨される機会ですので、どうぞお気軽にお問合わせ下さい。輪講会は月二回程度、神戸市東灘区で開催しています。

 

明鏡塾の輪講会のポイント

アントレプレナーやスモールビジネスの経営者は自らの事業の収益構造を考え、経営環境の変化に応じて収益の源泉の設計をしなければなりません。そのような設計の実際の手法について講義し皆さんの発表を通じて議論を深めます。その際は、顧客満足度の観点から中長期的な視野で収益構造を組み替えていくことが大切と言えます。また、情報通信技術やデジタルマーケティングなどの経営効率の改善に結びつく要素や顧客関係構築に寄与する要素を意識しなければなりません。

 

テーマ一覧(平成24年度)

第1回 事業構築の基礎(1) ~収益性の高い事業を創設するために~
第2回 事業構築の基礎(2) ~温故知新:船場丼池スタイルを今に活かす~
第3回 事業構築の基礎(3) ~顧客関係の構築と事業モデル~
第4回 事業構築の基礎(4) ~人とチームにこだわることが大切~
第5回 収益の源泉の設計(1) 収益構造と設計指針
第6回 収益の源泉の設計(2) 顧客満足と境界条件
第7回 収益の源泉の設計(3) 事例研究#1
第8回 収益の源泉の設計(4) 事例研究#2
第9回 事業計画の考え方(1) 専門家ヒアリング#1
第10回 事業計画の考え方(2) 専門家ヒアリング#2
第11回 事業計画の考え方(3) 専門家からの助言#1(事業計画)
第12回 事業計画の考え方(4) 専門家からの助言#2(事業計画)
第13回 情報通信技術の活用(1) 新事業の構築のポイント#1
第14回 情報通信技術の活用(2) 新事業の構築のポイント#2

明鏡塾事務局