明鏡塾 平成25年度ビジネス輪講会 開催案内 2月26日 UPDATED!

 

<目次> サブタイトルをクリックすると各項目にジャンプします。

塾長からのご挨拶 事前課題と宿題
開催日時と参加費用 参考図書と配布資料
開催場所 ルール遵守
参加対象者 主任講師略歴
参加に当たっての準備 参考:平成24年度輪講会

 

少年易老学難成 一寸光陰不可軽
未覚池塘春草夢 階前梧葉已秋声

 
 

○ 塾長からのご挨拶

 

Stanford University Main Quad (ACI)

Stanford University Main Quad
An edifice of wisdom 2002
from Keith’s recollections

企業経営者が自ら事業の改革に取り組み、また、新しい事業を始めるに当たって、真摯に学び、他の受講生と切磋琢磨し、経営上の課題の抽出と課題解決の方向性を見出せるようになることが、明鏡塾のビジネス輪講会の趣旨であります。

輪講とは、主任講師の指導の下、参加する受講生が一つのテーマに沿って討議を行いながら、一層深い理解とその分野や知識の熟達を果たすことを言います。経営者は日々学び続けなければなりませんが、独りでは真の学びは難しいと言えるでしょう。

本年度は、経営戦略、デジタル・マーケティング、事業運営(管理会計と人的資源管理を主体としたもの)について講義と討議を行います。第一線の経営者にとって、何をコアとし、何を専門家に任すのか-自身の事業の存在意義や価値と今後の企業存続の方法を探ります。

学術的な背景に寄ることは勿論のことですが、実務上の手法を伝授すること、そして、理論と実践における知識を付与に加えて、それらの練度を上げて実務に応用できることを重視した講座です。受講生には積極的な取り組み姿勢と失敗を恐れない心構えが求められます。

ビジネス輪講会については こちら もご覧下さい。

 

○ 開催日時(平成25年2月8日16時現在)

 

(第19回) 平成25年1月16日(水)9:00~12:00 定員になりました。

(第20回) 平成25年1月30日(水)9:00~12:00 定員になりました。

(第21回) 平成25年2月13日(水)9:00~12:00 定員になりました。(特別講義)

(第22回) 平成25年2月27日(水)9:00~12:00 定員になりました。

(第23回) 平成25日3月11日(月)9:00~12:00 申込受付中(日程変更)

(第24回) 平成25年3月25日(月)9:00~12:00 申込受付中(日程変更)

 

参加費用は一回当たり12,600円(税込)です。
参加日の5営業日前までにお振込みください。(振込先については別途メールでお知らせします)
ご入金の確認をもって参加登録とさせていただきます。

※お振込みの際にはメール等にて事務局または経理グループまでご一報ください。

 

○ 開催場所

 

荒巻亨税理士事務所  http://www.aramaki-office.com/

兵庫県芦屋市上宮川町1-12-502 (JR神戸線芦屋駅南出口を出て徒歩約3分)

周辺にはタイムズ等の駐車場があります。

 

○ 参加対象者

 

中小企業経営者、個人事業者(主に京阪神地域で事業を行っている方)

起業家(当塾の入塾審査に合格された方のみ)

※学生の方(学業に専念すべき方)は年齢・理由の如何を問わず参加できませんのでご了承ください。

 

○ 参加に当たっての準備

 

平成25年1月最初の輪講会(第19回)は塾長からの年頭講話がございます。参加の皆さまにも年頭の挨拶を順番に行っていただきますので、そのつもりで宜しくお願いします。

ノート、筆記用具に加え、ノートブック型のパソコンをお持ちいただくと便利です。高速無線LAN(802.11n)と電源、ネットワークプリンター、コピー機、ホワイトボードは荒巻亨税理士事務所のご厚意で会員の皆様にご利用いただくことができます。

 
 

○ 事前課題と宿題

 

受講生の皆様には事前課題と宿題が出題される場合があります。
 

(第21回)MOTに関する以下の資料を事前にご覧ください。

 

(第20回)以下の資料を事前に作成し、事務局までメールにて提出して下さい。

  • 既存事業と新事業の各々の課題と課題解決の方向性について
  • 既存事業と新事業の各々の三カ年売上目標及び営業利益目標の推移について
  • 自身の事業の強み(優位性)について
  • 既存事業と新事業の関連性(シナジー)について
  • 新事業の事業環境(内部・外部)について

 

(第19回)以下のURLの記事を事前に読んでおいて下さい。

 

○ 参考図書と配布資料

 

参考図書については、必要に応じて、主任講師または事務局よりご案内いたします。講義及び討議に必要な配布資料については、事務局にて必要部数を準備いたします。なお、輪講会の中での発表を事前に指示された方は、発表資料を必要部数、ご自身で準備下さい。

 

○ ルール遵守

 

受講に当たって、当会参加者(受講生及びゲスト)は、明鏡塾規約及びビジネス輪講会のルールを遵守することについて誓約いただきます。また、事務局の事前承認なく文書等の配布はできません。参加者相互に常識の範囲で交流を行って下さい。参加者自身の事業の営業活動や勧誘等は厳禁です。

新規にビジネス輪講会への参加を希望される方は、明鏡塾の事務局までお問い合わせ下さい。当ホームページの「お問い合わせ」フォームをお使いいただくと便利です。入会に当たっては事前審査がございます。

 

○ 主任講師略歴

 

Facebookの基本データをご参照下さい。 https://www.facebook.com/masafumi.keith.asano/info

 

○ 平成24年度ビジネス輪講会の参考ページ

 


http://www.asanoconsulting.com/20121123/meikyo-school/lecturing-in-turn/info-biz2.html

http://meikyo-school.asanoconsulting.com/rinko2012/rinko2012spring.html

 

浅野コンサルティング株式会社
明鏡塾事務局

 

 

ACI Column 「企業の地方進出-その後」

羽黒山の五重塔陽が傾いてきました。外は少しは涼しくなったのでしょうか。明日の本会議に向けて今日は様々な方と意見交換をしています。遠方であっても、第一線の実務者との意見交換は、常々大事にしています。

最近、関西より地方に進出した高い技術力を持つ中小企業の多くが、地方工場の縮小や撤退を視野に検討を進めています。先行きの不透明感と国内市場の冷え込みのためです。顧客は安くてそこそこの品質の海外産に流れます。特に大手の下請けは深刻で、上位取引先の事業見直しなどで一気に仕事が無くなってしまうこともあります。

120827yamagata好景気の時は利益の源泉であった地方工場。地元に雇用をもたらし、産業の空洞化を防ぐ役割も担っていました。しかし本業の収益悪化に歯止めがかからない昨今、「経営効率化」の掛け声の下、遠方から膨大な固定費源の削減が進められようとしています。

一方、地方の立場に立つと、かつては都会からの企業誘致に、地域活性化の大きな期待を寄せていました。山裾に工業団地がいくつも作られ、周辺のインフラ整備も行政主導で進められました。しかし今では、規模縮小や撤退を考える企業の説得に多くの時間を割かなければなりません。

お互いの利害は容易には一致しません。正に難問です。胆力が試されます。玉虫色の答弁書は書く気になれません。経営コンサルタントとして、解決の方向性を模索する日々が続きます。(亮)

 


 

スマホしか手元になかったので、facebookのタイムラインに投稿したところ、多くの方々から返信をいただきました。メールやメッセージでいただいた返信は掲載できませんので、コメントのみ掲載します。

大道 裕之 今まさに私がぶつかっている難題です。一度、処方箋をご相談に伺います。
8月26日 18:43
竹内  睦 昨日は山形、今日は神戸で勉強会おつかれさまです(^^)
8月29日 14:57

平成24年8月26日の山形出張にて