明鏡塾 平成25年度ビジネス輪講会 開催案内 2月26日 UPDATED!

 

<目次> サブタイトルをクリックすると各項目にジャンプします。

塾長からのご挨拶 事前課題と宿題
開催日時と参加費用 参考図書と配布資料
開催場所 ルール遵守
参加対象者 主任講師略歴
参加に当たっての準備 参考:平成24年度輪講会

 

少年易老学難成 一寸光陰不可軽
未覚池塘春草夢 階前梧葉已秋声

 
 

○ 塾長からのご挨拶

 

Stanford University Main Quad (ACI)

Stanford University Main Quad
An edifice of wisdom 2002
from Keith’s recollections

企業経営者が自ら事業の改革に取り組み、また、新しい事業を始めるに当たって、真摯に学び、他の受講生と切磋琢磨し、経営上の課題の抽出と課題解決の方向性を見出せるようになることが、明鏡塾のビジネス輪講会の趣旨であります。

輪講とは、主任講師の指導の下、参加する受講生が一つのテーマに沿って討議を行いながら、一層深い理解とその分野や知識の熟達を果たすことを言います。経営者は日々学び続けなければなりませんが、独りでは真の学びは難しいと言えるでしょう。

本年度は、経営戦略、デジタル・マーケティング、事業運営(管理会計と人的資源管理を主体としたもの)について講義と討議を行います。第一線の経営者にとって、何をコアとし、何を専門家に任すのか-自身の事業の存在意義や価値と今後の企業存続の方法を探ります。

学術的な背景に寄ることは勿論のことですが、実務上の手法を伝授すること、そして、理論と実践における知識を付与に加えて、それらの練度を上げて実務に応用できることを重視した講座です。受講生には積極的な取り組み姿勢と失敗を恐れない心構えが求められます。

ビジネス輪講会については こちら もご覧下さい。

 

○ 開催日時(平成25年2月8日16時現在)

 

(第19回) 平成25年1月16日(水)9:00~12:00 定員になりました。

(第20回) 平成25年1月30日(水)9:00~12:00 定員になりました。

(第21回) 平成25年2月13日(水)9:00~12:00 定員になりました。(特別講義)

(第22回) 平成25年2月27日(水)9:00~12:00 定員になりました。

(第23回) 平成25日3月11日(月)9:00~12:00 申込受付中(日程変更)

(第24回) 平成25年3月25日(月)9:00~12:00 申込受付中(日程変更)

 

参加費用は一回当たり12,600円(税込)です。
参加日の5営業日前までにお振込みください。(振込先については別途メールでお知らせします)
ご入金の確認をもって参加登録とさせていただきます。

※お振込みの際にはメール等にて事務局または経理グループまでご一報ください。

 

○ 開催場所

 

荒巻亨税理士事務所  http://www.aramaki-office.com/

兵庫県芦屋市上宮川町1-12-502 (JR神戸線芦屋駅南出口を出て徒歩約3分)

周辺にはタイムズ等の駐車場があります。

 

○ 参加対象者

 

中小企業経営者、個人事業者(主に京阪神地域で事業を行っている方)

起業家(当塾の入塾審査に合格された方のみ)

※学生の方(学業に専念すべき方)は年齢・理由の如何を問わず参加できませんのでご了承ください。

 

○ 参加に当たっての準備

 

平成25年1月最初の輪講会(第19回)は塾長からの年頭講話がございます。参加の皆さまにも年頭の挨拶を順番に行っていただきますので、そのつもりで宜しくお願いします。

ノート、筆記用具に加え、ノートブック型のパソコンをお持ちいただくと便利です。高速無線LAN(802.11n)と電源、ネットワークプリンター、コピー機、ホワイトボードは荒巻亨税理士事務所のご厚意で会員の皆様にご利用いただくことができます。

 
 

○ 事前課題と宿題

 

受講生の皆様には事前課題と宿題が出題される場合があります。
 

(第21回)MOTに関する以下の資料を事前にご覧ください。

 

(第20回)以下の資料を事前に作成し、事務局までメールにて提出して下さい。

  • 既存事業と新事業の各々の課題と課題解決の方向性について
  • 既存事業と新事業の各々の三カ年売上目標及び営業利益目標の推移について
  • 自身の事業の強み(優位性)について
  • 既存事業と新事業の関連性(シナジー)について
  • 新事業の事業環境(内部・外部)について

 

(第19回)以下のURLの記事を事前に読んでおいて下さい。

 

○ 参考図書と配布資料

 

参考図書については、必要に応じて、主任講師または事務局よりご案内いたします。講義及び討議に必要な配布資料については、事務局にて必要部数を準備いたします。なお、輪講会の中での発表を事前に指示された方は、発表資料を必要部数、ご自身で準備下さい。

 

○ ルール遵守

 

受講に当たって、当会参加者(受講生及びゲスト)は、明鏡塾規約及びビジネス輪講会のルールを遵守することについて誓約いただきます。また、事務局の事前承認なく文書等の配布はできません。参加者相互に常識の範囲で交流を行って下さい。参加者自身の事業の営業活動や勧誘等は厳禁です。

新規にビジネス輪講会への参加を希望される方は、明鏡塾の事務局までお問い合わせ下さい。当ホームページの「お問い合わせ」フォームをお使いいただくと便利です。入会に当たっては事前審査がございます。

 

○ 主任講師略歴

 

Facebookの基本データをご参照下さい。 https://www.facebook.com/masafumi.keith.asano/info

 

○ 平成24年度ビジネス輪講会の参考ページ

 


http://www.asanoconsulting.com/20121123/meikyo-school/lecturing-in-turn/info-biz2.html

http://meikyo-school.asanoconsulting.com/rinko2012/rinko2012spring.html

 

浅野コンサルティング株式会社
明鏡塾事務局

 

 

これから伸びる企業におけるウェブサイトの必要性

 



企業活動の存在の証明

お客様と名刺交換をして、最初にされる行為は、会社名や氏名での検索です。その際に、所望する情報が入手できないと、随分とがっかりされます。会社の存在、概要の説明、トップからのメッセージや人となり、経営理念や実績、そして、活発に活動しているかどうかを証明してみせなければなりません。商品売買などの契約に当たっては、ウェブサイト内のホームページやブログ、FacebookやGoogle+、ネットショップなどから一次的な情報を取得されます。自然体で正直に、かつ、簡潔に伝えたいことを書く必要があります。

 

商品・サービスの情報提供

自社の商品やサービスを相手に知ってもらうためには、丁寧な表現で、しっかりと商品等の情報を開示しましょう。特性や販売価格のみならず、お客様の評判やお勧めの理由なども書くことが大切です。 写真や動画もお客様の判断の重要な材料の一つとなっています。また、メーカーサイトなども場合によりリンクを貼るのが良いとされています。難しく考えることはなく、正当な取扱者であるということを告知するために、情報提供を十分に行うことが必要となります。

 

Digital Relationship Marketing の拠点

お客様が付いたのに、一度きりで逃してしまってはもったいないと言わざるを得ません。ウェブ上でお客様と継続的に関係構築を図り、良好な距離感で、次のビジネスや商談につなげたいと考えるのは、実店舗同様に自然なことだと思います。その際の様々な顧客関係維持の拠点としてウェブサイトを利用することで、低コスト、スピード感、自己評価などのメリットを享受できます。どんなに優れた戦略を持っていても、それがお客様の心に響かなければ意味がありません。お客様の満足度を向上し、お気に入りの一つにしていただくために、ウェブサイトを活用します。

 


遠方ではなおさら、ウェブサイト以外で、自社の活動を知っていただき、商品を吟味していただき、ロイヤリティを増すことは難しくなると思われます。従来のような紙媒体や広告手法は、コストメリットやリーチ確認、メディア間の連携保全の関係で徐々に使われなくなり、検索連動型広告や顧客行動に基づいた提案などに置き換わってまいりました。その際の根本拠点としてのウェブサイトの重要性は益々高まっています。ウェブサイトは漬物やワインのようなもので、時間が経てば経つほど熟成し、検索エンジンの認知が高まり、結果してお客様や見込み顧客への情報伝播が進んでくる特性があります。この機会に一度ウェブサイトの見直しや構築についてご検討いただけましたら幸いです。

 

詳細につきましては、次のグループまでご連絡ください。

浅野コンサルティング株式会社
情報通信システム事業部
システム運用グループ

お問い合わせはこちら