自社の強みを持つ Your company’s core competency

自社の強みとはなんだろうか。自社にはあって、他社には無いもの。あるいは、自分にはあって、他人には無いもの。そのようなものが、競争環境下で生き残っていく上で大切なことは言うまでもない。

ブログを書いてみれば一目瞭然である。自社の強みのある会社(人)は、ブログが書ける。反対に自社の強みの無い会社(人)は、読者にとって有用なブログを継続して書き続けることができない。コピペなどを繰り返す人もいる。

ブログは自分の日記帳でもあり、意見表明書でもある。難解なテーマについて書く必要は無い。誰かの役に立てば良い。Googleのような柔軟な発想で、気軽に「自社の強み」を書いてもらいたい。学者ではないので、実務家としての誇りとともに。

昔、(今もか?)、コア・コンピタンスという言葉がビジネス・パーソンの間で流行した。2000年くらいだったと思う。社内での立場を問わず、会議場では、その言葉が飛び交っていた。まるで、ウェルチの「選択と集中」の時と同じように。

自社の強みとは、言い換えれば、コア・コンピタンスのようなもので、経営資源を投下してじっくり育てることが経営者に求められる社内の機能でもある。それ故、曇りの無い眼で真剣に見聞きし、考え、実行の後は、観測と評価が欠かせない。

自社の強みを市場に諮り、市場からの手応えをもらってこそ、現今の経営者と言える。闇雲に流行の波に乗ることは避けよう。今が良いからとそのような波に乗るのは、上値を付けた株を買うようなものである。後は奈落の底にまっしぐらということになりかねない。

世の中の動向を注視しつつ、自分自身の良さと弱みを徹底的に分析することから、一年の計(例えば、年次の事業計画等)が始まる。実際の事業運営に当たっては、そのような分析結果を反映して、例えば、撤退すべき事業分野が無いか、常に考える習慣を身に付ける。

自社を守り、業績をアップし、会社を存続させることは、経営者の「たしなみ」だと思うが、自社の強みを時代の変化に合わせながら、組み立て直し、修繕し、何とか運営する-それを日々実践できなければ、仕舞には会社を赤字製造マシンにしかねない。

そのような覚悟の下、現今の経営者におすすめしたのは、松下電器(現パナソニック)の創業者の「物の見方、考え方」である。アマゾンでも買える。夏に一読を。

よく見る、よく考える ~ステレオタイプでは無い個別の事情~

明けましておめでとうございます。本年も経営コンサルティング事業部を宜しくお願いいたします。

今日から本格的に仕事が始まったのですが、朝のニュースチェックで興味深い記事を見つけました。曰く、同じ中国人の方でも、日本に来る目的や意識が違い、それを日本人も分かってきているように思うとのことでした。昔からそういう富裕層はいたのかもしれませんが、最近の爆買いの人たちとの対比で、一層際立つのかもしれませんね。いまさらの事だとは思いますが、ステレオタイプではなく、個別の事情をよく考えた方が、海外通販をされている皆さんの事業には良い影響があるように思います。

増加する「爆買いしない」中国人たちの本音 ~彼らは何を思い、どこへ向かうのか?~
http://toyokeizai.net/articles/-/98046

「正直言いましてね、私、あまり中国人に会いたくないんですよ。だって、わざわざこんなところに来てまで……ねぇ……」

「えっ? 中国人に会いたくないって? そ、そうなんですか……」

これはある富裕層の中国人と私の会話だ。中国人の顔を見たくないといっているのは、当の中国人である。しかし、この話には「なるほど」と思わせられる、ちょっと切ないワケがある。

ある中国人、富裕層男性の本音

語り手は40代後半の富裕層の男性。上海の大手企業で管理職に就いている。年収は1000万円以上あり、妻と1人娘がいる。仕事はハードで毎晩遅くまで働いているが、年に何回か休暇を取り、家族で海外旅行に出かけることを密かな楽しみにしている。海外旅行のときだけは、数人の部下からの緊急メールを除き、仕事はシャットアウト。海外の中でもとくに好きな日本で、ゆったりのんびり過ごすことにしている。

行き先はさまざまだ。以前は北海道が好きで、札幌からそれほど遠くない都市にある隠れ家的な高級温泉旅館をよく定宿にしていた。たまたま友人に紹介された旅館で気に入ったのだが、 “中国人”は自分たち以外、一組もいない。日本語はできず、英語で会話しているが、その旅館は外国人もけっこう多いため、まったく問題ないという。京都や奈良も大好きで、大好きなお寺巡りや料亭での料理を楽しんでいる。行動をともにするのは家族だけ。英会話OKのタクシーをチャーターして、自由できままな旅行を楽しんでいる。

日本語以外の言語で話している、ということを除き、彼らの外見だけで中国人と判断することはちょっと難しい。おしゃれで、洗練されていて、知的なニューファミリーといった雰囲気を醸し出しているからだ。そう説明すると、語弊があるかもしれないが、いわゆる「爆買い中国人のイメージ」とは一線を画しているのである。

今夏、私は『「爆買い」後、彼らはどこに向かうのか?』の取材をしていて、彼らのような知的な仕事に就く富裕層が続々と来日していることを知った。彼らの目的は「癒し」、「学習」そして「日本でしかできない体験」だ。

 続きを読まれる方は こちら から。オリジナル記事(2頁目)に続いています。

 出典:東洋経済オンライン(平成28年1月5日)
 著者:中島恵氏(ジャーナリスト)

 

仕事のブログを書いていくために

仕事でブログを書く事も多くなりました。きっと、今までの仕事の仕方とは、これからは多くの点で変わってゆくのだと思います。誰もが参画するインターネット上での仕事(ブログなど)は、皆が等しく参加できる代わりに、その有用性が「真価」として問われ、読んでいる方々の仕事の成否にも影響を与えます。

例えば、ブログを書く際の注意点として、Googleでの検索上位表示の可能性を考えた場合、次の三点(他にもたくさんあるとは思いますが)が大切になってまいります。
 

1.ブログの内容は読者にとって有用(有益)か
2.Googleのルールや社会的な倫理観を守っているか
3.更新の頻度は適切か
ブログの内容は読者にとって有用(有益)か

だらだらと自分の思いを書いても、その検索ワードで来てくれた読者(訪問者)にとっては、即戻りボタンということになるかもしれません。一生懸命に書いても読み手に伝わらなければ、あまり意味の無い行為ですね。特定の検索ワードでやってきた読者にとって、少しでも有用な内容(コンテンツ)であることを心掛けましょう。当然、自分のオピニオンも大事です。ビジネスで使うブログの場合、情報の提供や読み手の理解の促進、次の顧客流入導線へのつながりを意識して書くと、更に良い記事になるでしょう。

Googleのルールや社会的な倫理観を守っているか

GoogleのルールはGoogleの各規約を読んでいただければ分かると思います。また、自国の一般的な社会規範や倫理観も、当然、身に付いていることでしょう。それを破らない-シンプルにそれだけが求められます。決して難しい事ではありませんが、独りよがりや他者の意見を認めない姿勢は、ブログを歪めていく事になりかねません。自分で良いと思い込まずに、ビジネスの場合は、査読をお願いするのも一手でしょう。そこまでやる暇はない、ブログは自由だというような思い込みは、後年度、きっと痛い目を見ます。ネットも実社会も一緒です。

更新の頻度は適切か

どんなに素晴らしいブログであっても、その更新頻度が年に数回であったり、あまりにも年月が経ち過ぎていたり、一日に何回も書くというのは適切なやり方とは言えません。クローラー(検索エンジンの情報収集用プログラム)の巡回は一日に一度程度と考え、週に一回程度は、新しい記事を書いたり、過去の記事をブラッシュアップしたりしてみて下さい。特に、潜在顧客への流入導線の必要な方は、丁寧にブログを書く観点からも、複数回に分けて、エンジンにも人にも分かりやすいように文章を構成してみてください。